サイバー・レジリエンス

Cloud 制御プレーン保護

Vectra AI は、ハイブリッドまたはマルチ・クラウド・コントロール・プレーンが攻撃を受けていることを確認するために必要な統合シグナルを提供します。そのため、未知の攻撃者を数分で阻止することができます。

Cloud 制御プレーン保護

エンタープライズ・クラウド・コントロール・プレーンは、単にスピードとスケールを提供する。一方でサイバー攻撃者が悪用し深刻な損害を与える機会を生み出してしまう。

見えないものを止めることはできません。そして残念なことに、何千もの攻撃が毎日、貴社の防御ツールをすり抜けている可能性が高いのです。多くのSOCアナリストが無力感に苛まれています。10人に7人は、組織が侵害されていることを確信しながらも、実際に把握できていません。また97%は、セキュリティツールやアラートの山に埋もれている侵害を見落としてしまうのではないかと心配しています。 

クラウドの導入スピードがSOCの対応できるスピードを上回っている場合、最新のアプローチが必要です。

課題

クラウド・コントロール・プレーンは、サイバーセキュリティの最前線である

それはなぜでしょうか?一旦攻撃者がアクセス権を手にすると、引き起こす破壊の上限はありません。組織のインフラ、アイデンティティ、データ、サービスのすべてが対象となり、サイバー攻撃者の潜在的な攻撃範囲は前例がない規模になります。そして攻撃が発見されずに長引けば長引くほど、被害はより甚大になるのです。幸いなことに、対応方法はあります。 

ブログ

クラウド・コントロール・プレーンはサイバーセキュリティの新たな最前線か?

クラウドの導入がとどまるところを知らず加速し続ける中、次世代の最新攻撃は、企業のクラウド・コントロール・プレーンを通過し、そこに向かって進化していきます。それはなぜでしょうか?

もっと読む
ソリューション

クラウド・コントロール・プレーンが攻撃を受けていることを知る

業界最先端のAttack Signal Intelligence™を搭載したVectra AI Platformは、攻撃者の振る舞いの初期兆候を検知します。

リアルタイムで攻撃の検知とレスポンスを行う
AI主導のAttack Signal Intelligence
AI主導の検知

AI主導の検知は、ネットワーク、ID、クラウドおよび SaaS インフラストラクチャにわたる侵害後の攻撃者の振る舞いを分析し、MITRE ATT&CK テクニックの 90% 以上をカバーします。

AI主導のトリアージ

AI主導のトリアージは、機械学習を使用してお客様独自の環境を理解し、悪質なイベントと良性のイベントを区別し、アラートノイズを85%以上削減します。

AI主導の優先順位付け

AI主導の優先順位付けは、緊急度別にインシデントを関連付け、スコア化し、ランク付けすることで、アナリストが3倍以上の脅威をプロアクティブに特定できるようにします。

仕組み

Vectra AI プラットフォームの力を知る

従来のセキュリティーは、クラウドでは対応できない

レガシーネットワークを保護するために構築された従来のツールは、ハイブリッドかつマルチクラウドの世界では機能しません。また、クラウドの複雑化により、攻撃はこれまで以上に簡単に防御ツールをすり抜けることができるようになっています。

他のツールでは不可能な攻撃を見つける

Vectra AI プラットフォームは、単にアラートを送信するだけではありません。統合されたシグナルが実際の 攻撃を検知し、リアルタイムで阻止することができます。

クラウドは攻撃者に新たな門戸を開く

クラウド、インフラが共有され、データが利用可能になることで、攻撃者がホストにアクセスし、コントロールする機会が増えます。また、パブリッククラウド環境では、必要な可視性が得られません。

クラウド環境に潜む攻撃者の正体を暴く

Vectra AI プラットフォームのコアコンポーネントとして、Vectra CDR はMicrosoft 365AWS 環境を継続的に監視するため、アクティブなクラウドID の悪用をリアルタイムで確認し、阻止することができます。

クラウドでは特権の昇格が横行している

アタックサーフェスが広がれば、アカウント乗っ取りの機会も増えます。1つのアカウントで複数のサービスにアクセスできるため、攻撃者は大きな損害を与えることができます。

特権アクセスを持つ攻撃者を発見する

特許取得済みのPrivileged Access Analytics (PAA) は、攻撃者にとって最も有用なアカウントに自動的に焦点を当てるため、侵害が発生する前に進行状況を確認し、阻止することができます。

従来のセキュリティーは、クラウドでは対応できない

レガシーネットワークを保護するために構築された従来のツールは、ハイブリッドかつマルチクラウドの世界では機能しません。また、クラウドの複雑化により、攻撃はこれまで以上に簡単に防御ツールをすり抜けることができるようになっています。

他のツールでは不可能な攻撃を見つける

Vectra AI プラットフォームは、単にアラートを送信するだけではありません。統合されたシグナルが実際の 攻撃を検知し、リアルタイムで阻止することができます。

クラウドは攻撃者に新たな門戸を開く

クラウド、インフラが共有され、データが利用可能になることで、攻撃者がホストにアクセスし、コントロールする機会が増えます。また、パブリッククラウド環境では、必要な可視性が得られません。

クラウド環境に潜む攻撃者の正体を暴く

Vectra AI プラットフォームのコアコンポーネントとして、Vectra CDR はMicrosoft 365AWS 環境を継続的に監視するため、アクティブなクラウドID の悪用をリアルタイムで確認し、阻止することができます。

クラウドでは特権の昇格が横行している

アタックサーフェスが広がれば、アカウント乗っ取りの機会も増えます。1つのアカウントで複数のサービスにアクセスできるため、攻撃者は大きな損害を与えることができます。

特権アクセスを持つ攻撃者を発見する

特許取得済みのPrivileged Access Analytics (PAA) は、攻撃者にとって最も有用なアカウントに自動的に焦点を当てるため、侵害が発生する前に進行状況を確認し、阻止することができます。

クラウド・コントロール・プレーン保護、Vectra AI の方法

カバレッジ

アタックサーフェス全体を統合した攻撃の遠隔測定により、ハイブリッドクラウド環境を完全にカバーするために必要な可視性を得ることができます。

明瞭性

AI主導の検知とシグネチャベースのコンテキストを組み合わせ、すべての悪意のある動作を明らかにします。何が緊急なのかを把握できるため、実際の攻撃に集中することができます。

コントロール

統合され、自動化され、共同管理された調査とレスポンス で SOC アナリストを強化することで、重要インフラのリスクを安心して低減できます。

よくあるご質問(FAQ)