調査レポート

企業におけるクラウドセキュリティの現状

この調査「企業におけるクラウド セキュリティの現状」は、クラウドへの移行が企業の攻撃対象に与える影響と、この広大な新世界をセキュアに保護するセキュリティ・チームの能力を調査するために設計された。
企業におけるクラウドセキュリティの現状
企業におけるクラウドセキュリティの現状
ダウンロードする言語を選択
アクセスする (無料)

ハイブリッド攻撃を阻止せよ

セルフガイドツアーに参加して、Vectra AI Platformがハイブリッド攻撃を被害が発生する前に阻止する方法をご覧ください。

セルフガイドツアーに参加する

主なポイントは以下の通り:

  • 運用、IT、セキュリティの各チームは、クラウドや SaaS のフットプリントを管理するために、プロバイダーやサードパーティのツールから、独自のニーズやプロセスを満たすためにカスタム開発されたツールまで、無数のツールを使用している。
  • クラウドサービス、インフラストラクチャ、SaaS アプリケーションの数は、セキュリティチームが手作業で監視するにはあまりにも多く(そしておそらく膨大に) なりつつある。この調査の回答者のほとんどは、クラウド・セキュリティ・ポスチャ管理/SaaS セキュリティ・ポスチャ管理 (CSPM/SSPM) テクノロジを使用して、自社のセキュリティ機能を補完している。
  • クラウド、リアルタイムの脅威とポリシー設定違反を継続的に監視することが、CSPMとSSPMソリューションの上位2つのメリットであり、クラウドの運用を可視化することの重要性を浮き彫りにしている。
  • CSPM と SSPM の両方の目的で、クラウド環境を監視し、セキュアにするために組織が使用しているツールは、クラウドネイティブのプロバイダー・ツールからカスタム開発されたツールまで多岐にわたっており、セキュリティ・チームが独自のテレメトリを導き出し、それに基づいて行動する必要性を浮き彫りにしている。
  • 回答者の半数は社内にSOCを設置し、約47%はアウトソーシングされたマネージド・セキュリティ・サービス・プロバイダー (MSSP)やマネージド検知とレスポンス (MDR) プロバイダーを利用しています。これは、社内の専門知識とアウトソーシング・サービスを組み合わせた付加機能の必要性を強調しています。

Vectra AIがあれば、攻撃者に勝ち目はない。

知的財産。価値の高いデータハイブリッドクラウドインフラ。これらの脆弱性が積み重なると、貴社は国家によるサイバー攻撃の格好の標的になります。しかし、Vectra AI のAttack Signal Intelligence を利用すれば、アナリストはデータ侵害を容易に防ぐことができます。

アイテムが見つかりませんでした。

攻撃の解剖学的構造について、実際の洞察力を身につける。

セキュリティリサーチャー、データサイエンティスト、アナリストからなる私たちのチームに参加し、11年以上にわたるセキュリティAIの研究と専門知識を世界のサイバーセキュリティコミュニティと共有しましょう。ウェビナーやハンズオンラボを通じて、脅威の検知やレスポンス 、環境に潜む高度な攻撃を暴くためにAIを効果的に活用する方法を学ぶことができます。

今後のセッションについて

世界中の専門家や企業から信頼されています

よくあるご質問(FAQ)

課題

ソリューション

顧客メリット

Vectra AIのお客様事例