研究報告

セキュリティ・リーダーズ調査報告書目的に適合しているか、それとも遅れているか?

cloud の急速な普及から、マイクロサービス、DevOps、API の採用の拡大に至るまで、脅威行為者にとって新たなビジネスチャンスが広がっています。本電子書籍は、ITセキュリティの意思決定者を対象とした世界規模の調査から得られた分析結果と、こうしたダイナミックな脅威にどのように対処しているかについてまとめたものです。

セキュリティ・リーダーズ調査報告書目的に適合しているか、それとも遅れているか?
セキュリティ・リーダーズ調査報告書目的に適合しているか、それとも遅れているか?
即時無料アクセス
即時無料アクセス

ガートナーは、そのリサーチ出版物に掲載されているベンダー、製品、サービスを推奨するものではなく、また、テクノロジー・ユーザーに対して、最高格付けまたはその他の指定を受けたベンダーのみを選択するよう助言するものでもありません。ガートナーのリサーチ出版物は、ガートナーのリサーチ組織の見解で構成されており、事実の記述として解釈されるべきではありません。ガートナーは、本リサーチに関して、商品性または特定目的への適合性の保証を含め、明示または黙示を問わず、あらゆる保証を否認します。GARTNERは、米国およびその他の国におけるGartner, Inc.および/またはその関連会社の登録商標およびサービスマークであり、本書では許可を得て使用しています。無断複写・転載を禁じます。

ご関心をお寄せいただきありがとうございます!
以下のリソース(無料)アクセスしてください。
ダウンロード・リンクはまもなくあなたのメールボックスに届きます!
おっと!フォームの送信中に何か問題が発生しました。

精霊は瓶から出た専門家は、COVID-19の大流行が多くの企業を「技術の転換点」に押しやり、デジタル化を数年早めたと考えている。

本稿の主なハイライト

  • 83%は、従来のアプローチでは現代の脅威から身を守れないと考えており、攻撃者への対応に関しては、ゲームを変える必要があると考えている。
  • セキュリティの意思決定者の79%が、その期待に応えられなかったツールを購入したことがあり、その理由として、統合性の低さ、最新の攻撃検知 、可視性の欠如を挙げている。
  • 72%は侵入されたかもしれないが、そのことを知らないと考え、3分の1(43%)は「その可能性がある」と考えている。
  • 回答者の87%は 、最近話題となった攻撃により、取締役会がサイバーセキュリティに適切な注意を払うようになったと回答している。
今すぐアクセスする (無料)
おっと!フォームの送信中に何か問題が発生しました。
セキュリティ・リーダーズ調査報告書目的に適合しているか、それとも遅れているか?

世界中の専門家や企業から信頼されている