研究報告

2023 脅威検知の現状

71%のアナリストが、自分の所属する組織がサイバー攻撃を受けている可能性を認めている。

なぜ SOC アナリストは、自分たちが使っているツールは効果的だと信じているのに、同じツールではサイバー攻撃を効果的に阻止できないのでしょうか。脅威検知の現状」レポートで、その断絶と解決策をご覧ください。

2023 脅威検知の現状
2023 脅威検知の現状
即時無料アクセス
即時無料アクセス

ガートナーは、そのリサーチ出版物に掲載されているベンダー、製品、サービスを推奨するものではなく、また、テクノロジー・ユーザーに対して、最高格付けまたはその他の指定を受けたベンダーのみを選択するよう助言するものでもありません。ガートナーのリサーチ出版物は、ガートナーのリサーチ組織の見解で構成されており、事実の記述として解釈されるべきではありません。ガートナーは、本リサーチに関して、商品性または特定目的への適合性の保証を含め、明示または黙示を問わず、あらゆる保証を否認します。GARTNERは、米国およびその他の国におけるGartner, Inc.および/またはその関連会社の登録商標およびサービスマークであり、本書では許可を得て使用しています。無断複写・転載を禁じます。

ご関心をお寄せいただきありがとうございます!
以下のリソース(無料)アクセスしてください。
ダウンロード・リンクはまもなくあなたのメールボックスに届きます!
おっと!フォームの送信中に何か問題が発生しました。

包括的な「2023年脅威検知の現状」レポートにおいて、セキュリティ・オペレーション・センター(SOC) チームは困難な課題に直面している。2,000人のSOCアナリストを対象としたグローバル調査に基づく本レポートでは、サイバー攻撃がより高度化し、ペースが速くなっているだけでなく、膨大な量のアラートと利用可能なテクノロジーの複雑さにより、管理がますます困難になっている状況が明らかにされています。本レポートでは、以下をご紹介します。

  • アラートの雪崩SOCチームには毎日平均4,484件のアラートが殺到しており、アラート疲れと大量の誤検知により、67%が無視されている。
  • 人材不足:サイバーセキュリティの労働力は340万人不足しており、SOCアナリストのストレスや燃え尽き率が高いことから、業界は転換期を迎えている。
  • 可視性の欠如アナリストの71%が、自分たちの組織が知らないうちにすでに侵害されている可能性があると考えており、現在の脅威検知機能に対する可視性と信頼性の欠如が浮き彫りになっている。
  • 有効性の謎:課題にもかかわらず、ほとんどのアナリストは自分たちのツールが効果的であると考えている。しかし、報告書は、この信念と盲点やアラート過多の増加という現実との間に断絶があることを示唆している。
  • 複雑さの代償手作業によるアラートのトリアージには、米国だけで年間約33億ドルのコストがかかっており、より効率的で効果的な脅威検知ソリューションの緊急の必要性が指摘されている。
今すぐアクセスする (無料)
おっと!フォームの送信中に何か問題が発生しました。
2023 脅威検知の現状

世界中の専門家や企業から信頼されている